イースター島(チリ)の概要と現地の情報

アフ・タハイの夕日 過去の旅
アフ・タハイの夕日

2008年の8月に行ったイースター島について。

古い情報だけど。

アフ・タハイの夕日

アフ・タハイ(Ahu Tahai)の夕日。

ハンガロア内にあるし、夜はやること無いので毎日ここで夕日見てました。

イースター島 由来

日本語でイースター島(英語が由来ですね)。スペイン語ではIsla de Pascua。現地ではRapa Nui。

スペイン語のPascuaが英語のeasterにあたり、英語のeasterは復活祭。

ヨーロッパ人がこの島を発見したのが復活祭の日だからこの名前になったとか。

Rapa Nuiは現地の言葉で意味は大きな島。

イースター島 場所

タヒチのパペーテまで4,300km。

チリのサンティアゴまで3,800km。

一番近い有人島(ピトケアン島)まで2,000km。

ほんと周り海しか無い。

イースター島 行き方

飛行機のみでしか行けません。

しかも2路線のみ。

タヒチのパペーテか、チリのサンティアゴ経由。

両方共LATAM(旧LAN航空)(独占ですね)。

LATAM独占なのでちょいと値が張るらしい。

僕は世界一周航空券にイースター島~サンティアゴの往復をくっつけておいたので、正規料金がわからないです。

今調べると往復の安いチケットで約US$600くらいでした(高い方は約US$1,000)。

LATAM 公式

イースター島 基本情報

南米チリのバルパライソ州に属します。

なので、日本のパスポートがあれば、観光目的3ヶ月以内だったらビザ不要ですね。

ただし、アメリカ経由で行く場合はESTAが必要になりそうです。

外務省 ビザ免除国・地域(短期滞在)

人口

約5,800人が居住。そのうち60%は原住民ラパ・ヌイの子孫とのこと。

通貨

チリ・ペソ。

1円あたりの為替レートは↓。

Yahoo!ファイナンス チリ ペソ

大体1,000ペソ200円ぐらいですかね。

物価

高いです。

チリ本土の1.5倍~2倍以上はします。

日本に比べれば安いですが。

治安

安全。

イースター島の人、みんなのんびりしていて犯罪なんて起きる気配がない。

夜は電気がなくて真っ暗になったりするので、出歩かないほうがいいかと。

出歩いても何もないですし。

インフラ

しょっちゅう停電する。

夜、停電したら寝てました。

ネットは衛星経由のネットカフェが有りました。

高かった記憶があります。

あと、繋がらないこともあったので、繋がらなかったら2,3時間後に再訪しましょう。

ATMがMaster系の1つのみあったと思います。

Visaでキャッシングいていた僕は、お金が足りなくなり困りました。

両替屋は有りますが手数料エライ高かった記憶なので、現金はある程度持っていったほうがいいです。

カードより現金が主流だった気がします。

買い物

シエスタ有り。

大体14時~16時くらいはお店閉まります。

スーパーマーケットも閉まります。

何でもかんでも閉まるので、何にもできません。

この時間帯は観光に。

天気

大体暑いです。

どの月に行っても30度位はあるらしい。

雨も結構降りますが、大体すぐやみました。

現地の交通手段

なんにもないです。

レンタカーあったかな?

レンタサイクルは有りました。

タクシーは見た記憶が無いです。

バスは無いと思います。

なので、遠くのモアイや早朝モアイへはツアーを利用したほうが良いと思います。

レンタサイクル借りてハンガロア(島の南部にある街)からアナケナ(Anakena)のビーチ(島の北部にある)まで行きましたが、結構道悪いところもあって、少し難儀します。

自力で島一周はある程度体力必要っぽい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました