真名井の滝。激混み貸しボートに乗り込む。

高千穂峡 真名井の滝 ボート 過去の旅
高千穂峡 真名井の滝 ボート

2018年の8月に行ってきた阿蘇、高千穂旅行。

一番の目的だった真名井の滝貸しボート。

激混みすると口コミを見ていたので、混雑回避を狙って高千穂宿泊。

翌朝、即ボート乗り場へ行ってみましたが30分待ちでした。

公式サイトはこちら。

待ち時間情報も出ています。

高千穂峡 貸しボート情報 | 高千穂町観光協会 | 宮崎県 高千穂の観光・宿泊・イベント情報
宮崎県 高千穂の観光スポット、宿、ホテル、イベントなど旅行に便利な情報が満載です。ガイドブック、路線図、施設案内のダウンロードも是非ご利用ください。

真名井の滝貸しボートの基本情報

営業時間08:30~17:00(最終受付は16:30)、夏は07:30~18:00(最終受付は17:30)
定休日無し。増水時はお休み。要公式サイト確認。
駐車場後述。
定員3名
料金30分 2,000円(1隻)

なかなかのお値段。

真名井の滝貸しボートの駐車場

御塩井駐車場

貸しボート乗り場に一番近い駐車場。

8時15分くらいに付いたんですが、すでに満車らしく入れてもらえませんでした。

料金は500円らしいです。

あららぎ駐車場

真名井の滝貸しボート乗り場から高千穂峡遊歩道経由で600mほど離れたところにある駐車場。

こちらに案内されました。

料金は300円。

貸しボート乗り場まで歩いて10分くらいですが、途中きれいな高千穂峡が有るので、目移りする。

帰りにゆっくり見るって決めて急いでボート乗り場へ。

車での真名井の滝への行き方

高千穂宿泊で、車移動。

高千穂に宿泊すると、朝一番にボート乗り場へ行けて、らくちん。

熊本から

約2時間。

国道445号と国道218号経由。

いまきん食堂(阿蘇)から

約1時間30分。

国道325号経由。

宮崎から

約2 時間15分。

東九州自動車道、国道218号経由。

列車、バスでの真名井の滝への行き方

列車がないので、バスになっちゃう。

熊本から

約3時間45分。

延岡駅行(宮崎交通)で高千穂バスセンターまで。

更に30分歩く。

宮崎から

約3時間15分。

にちりん18号特急大分行で延岡駅まで。

熊本駅前行(宮崎交通)で高千穂バスセンターまで。

更に30分歩く。

真名井の滝貸しボートの流れ

受付と支払い

受付と支払いは、御塩井駐車場の奥の方。

ボート乗り場への階段近くにあります。

いろいろ注意事項を聞いて、お支払い。

注意事項は近くの看板にも書いてあります。

真名井の滝貸しボート 注意事項

真名井の滝貸しボート 注意事項

料金を支払うと、番号札を頂けます。

番号札は、ボート乗り場で番号を呼ばれるので、持って階段を降りていきます。

待ち時間

朝8時30分に受付して、ボートに乗れたのが朝9時。

大体30分待ち。

8月上旬の月曜日でした。

営業開始から1時間経過で30分待ち。

やっぱり早めに来て正解。

搭乗

真名井の滝貸しボート乗り場

真名井の滝貸しボート乗り場

貸しボート乗り場まで降りてきたら受付でもらった番号札の番号が呼ばれるまで待機。

呼ばれたら救命胴衣を付けてもらって、奥のベンチに着席。

ここまでくればもうすぐ搭乗。

また、かかりの人が番号を呼ぶので、呼ばれたら搭乗開始。

係の人に番号札を渡して乗船。

このとき下船時間を教えてくれます。

守らないと超過料金(10分300円)が発生しちゃうので、覚えておきましょう。

ササッと乗って、ササッと離岸。

真名井の滝へ

貸しボートから眺める真名井の滝

貸しボートから眺める真名井の滝

上から眺める真名井の滝もきれいだけど、ボートから眺める真名井の滝もなかなかn。

景色はいいんだけど、普段ボートを漕がないのでものすっごくぎこちない。

周りも同じらしく、(僕も含め)なかなか思うように進まないボート多数。

高千穂峡 真名井の滝 ボート

高千穂峡 真名井の滝 ボート

なので、こんな感じで渋滞します。

乗船時間は30分ですが、渋滞で15分位使ってる気がする。

もう少しボートの数少ないほうがいいけど、そうすると待ち時間伸びちゃうのでしょうがない。

下船

乗船時に教えてもらった下船時間のちょっと前に、ボート乗り場まで戻ります。

ボート乗り場近くまでなんとか戻ってくれば、係の人が引っ掛け棒で引っ張ってくれるので、細かい操作はいらない。

ボート乗り場に着岸したら、ササッと下船しましょう。

真名井の滝貸しボートの口コミ

平日はそんなに待ち時間が無い模様。

でも、夏休み期間中はね。

混むよね。

真名井の滝貸しボート付近の観光地、グルメ

30分くらいならボート乗り場付近で待っててもいいかもだけど、1時間、2時間の待ち時間があったら、ただ待っているのはもったいない。

ので、貸しボート乗り場周辺で時間が潰せそうなところをピックアップ。

車は駐車場に停めているだろうから、歩いていけるところ。

»食べログで探した周辺のレストラン

3箇所くらい有り。

()内は貸しボート乗り場からの距離と歩きでのおおよその移動時間。

  1. 高千穂峡 高千穂町観光協会直営売店(300m、5分)
  2. まない(290m、5分)
  3. 御食事処 田舎屋(300m、5分)

»tripadviserで探した周辺の観光地

こちらも歩いていけるところだけを抜粋。

  1. 真名井の滝、高千穂峡(高千穂峡遊歩道)(600m、10分)
  2. 高千穂峡淡水魚水族館(240m、4分)

観光なら高千穂峡遊歩道をのんびり歩くのがオススメかな。

上から見る真名井の滝だったり、下から眺める高千穂大橋だったり。

ゆっくり歩いてじっくり見ていると、1時間くらいすぐすぎる。

まとめ

渓谷内の貸しボートってあんまりないし、すっごい面白い景色の中、下から眺める結構貴重な体験。

30分2,000円は、すごい価格設定だけど、それでも(僕を含めて)観光客が押し寄せるだけはある。

高千穂まで来たらぜひ乗りたい貸しボート。

高千穂に宿とって、朝から待つ以上の満足感は有りました。

九州旅行の全行程

真名井の滝貸しボートに立ち寄った、九州旅行の全行程です。

2018年の8月に行った阿蘇、高千穂旅行。全行程。
夏の阿蘇、高千穂旅行の全行程。 全体的なルートは、こんな感じ。 福岡空港着(1日目) いろいろ観光しながら熊本へ(1日目) 熊本から阿蘇へ(2日目) 阿蘇観光後、高千穂へ(2日目) 高千穂観光(3日目)...

コメント

タイトルとURLをコピーしました