雲海の宿 千木。高千穂で宿泊した宿。

千木の入り口 過去の旅
千木の入り口

2018年の8月に行ってきた阿蘇、高千穂旅行。

早朝の高千穂峡ボートに乗るために、高千穂で宿泊。

あんまり期待していなかったけど、良かった。

1日7組しか泊まれないので、サービスが行き届いているのかな?

公式サイトはこちら。

宮崎・高千穂 雲海の宿「千木(ちぎ)」公式ウェブサイト
雲海の宿 千木(ちぎ)は宮崎県高千穂の美しい景観の中あるゆったりとした隠れ宿です。高千穂峡・国見ヶ丘・高千穂神社など神話と伝説に満ちた秘境観光に最適な宿です。話題のパワースポットへ遊びにきませんか?夜神楽見学も送迎いたします

雲海の宿 千木の基本情報

料金大体10,000円~12,000円
駐車場10台(1部屋1台)
チェックイン15:00 (最終チェックイン:18:00)
チェックアウト10:00

雲海の宿 千木の感想

1万円の旅館なのであんまり期待せず宿泊。

でも、いい意味で期待を裏切られた感じ。

チェックイン、チェックアウト、食事とか、もっとこう、流れ作業的な感じで行われるかと思ってました。

チェックイン

駐車場に車を停めて、荷物をおろしていると、宿の人が着てくれました。

荷物を持っていただき、部屋まで運んでおきますとのこと。

ありがたい。

チェックインはフロントで。

千木のフロント

千木のフロント

朝夕の食事の時間、お風呂の使い方、夜神楽の送迎サービスの説明など、一通り必要な情報は伺えます。

お部屋

icon icon

【出典】楽天トラベル icon

お部屋は畳の和室。

久しぶりに畳の上でごろごろ。

結構広めのお部屋でした。

お風呂

icon icon

【出典】楽天トラベル icon

温泉じゃなく、あんまり広くは無いお風呂。

でも、宿泊者全部で7組しかいないので十分な広さだと思います。

朝夕2回入ったけど、他の宿泊者さんと鉢合わせになることがなかったです。

夕食

千木の夕食

千木の夕食

チェックインのときに聞いた時間になると、電話してくれます。

電話が来たら食事場へ。

千木の朝食メニュー

千木の朝食メニュー

  • 高千穂牛の焼き肉
  • 山女魚の塩焼き
  • サクラマスのお刺身
  • 茶碗蒸し
  • 山菜とお野菜のお煮しめ
  • 柚子蒟蒻のお刺身
  • 古代黒米のそうめん
  • 山いも豆腐
  • ハスガラの酢の物
  • お漬物
  • 古代黒米ご飯
  • お吸い物
  • デザート

この日のメニューはこんな感じ。

見事に山のものでまとめられています。

出来上がってすぐ電話して頂けているみたいで、茶碗蒸しもまだ熱い。

当然おいしい。

朝食

千木の朝食

千木の朝食

千木の夕食メニュー

千木の夕食メニュー

  • 香物
  • 山菜のり
  • 祖母山豆の煮豆
  • 宮崎赤鶏の卵
  • ニジマスの甘露煮
  • 油みそ
  • 子持ちきくらげ
  • そば粥
  • ヨーグルト
  • 地豆腐寄子
  • 味噌汁
  • 羽窯焚きご飯

そんなに豪華!って感じは無いけど、朝食にちょうどいい。

夜神楽送迎

19時30分出発の夜神楽送迎。

マイクロバスで送迎して頂けます。

チェックインの際、行くか行かないか聞かれます。

バスの座席に座布団が置いてあって、その座布団夜神楽に持っていって使って下さいとのこと。

夜神楽は1時間くらいだけど、畳の上に座るので、座布団ありがたいです。

チェックアウト

高千穂峡ボートに乗るために、早めにチェックアウト。

精算したら塩飴いただきました。

本来ならおにぎり渡しているらしいです。

でも、夏場なのでおにぎり傷んでしまうので、塩飴にしているとのこと。

ちょっとうれしい。

口コミ

だいたいみんな同じ感想っぽい。

ご飯が地元食材で美味しい。

付かず離れずのサービスがちょうどいい。

なんて口コミが多いです。

まとめ

全体的にちょうどいい旅館でした。

部屋のサイズもちょうどいい。

おふろのサイズもちょうどいい。

ご飯の量もちょうどいい。

サービスもちょうどいい。

1万円くらいの宿にはちょっと思えない。

大変満足した旅館でした。

また行きたい。

九州旅行の全行程

雲海の宿 千木に立ち寄った、九州旅行の全行程です。

2018年の8月に行った阿蘇、高千穂旅行。全行程。
夏の阿蘇、高千穂旅行の全行程。 全体的なルートは、こんな感じ。 福岡空港着(1日目) いろいろ観光しながら熊本へ(1日目) 熊本から阿蘇へ(2日目) 阿蘇観光後、高千穂へ(2日目) 高千穂観光(3日目)...

コメント

タイトルとURLをコピーしました